トラックの種類

トラックドライバーの求人を探す時に気をつけたいのが、運転するトラックの種類です。トラックの総重量や積載量によって運転に必要な免許が変わってくるので、どのトラックのドライバーを募集しているのかをしっかりと見極めなければなりません。大まかに分けると、トラックドライバーが運転するトラックは3種類ありますのでみていきましょう。

運転しやすいことが特徴!街中で活躍する小型トラック

小型トラックは荷物の積載量が少ないので一見すると運送業務には不向きに思えますが、実際は小型の車体ならではの機動性から街中での業務に重宝する車両です。方向転換や後進が容易な他、大型車両では進入できな…

幅広い分野で使われている中型トラック

トラックはその大きさによって大きく3ルに区分することができます。それが大型トラックと中型トラック、そして小型トラックとなります。小型トラックは、全長が4.7メートル、全幅が1.7メートル、そして全…

長距離輸送がメイン!物流を支える大型トラック

8トン車以上なら長距離輸送が中心となる

8トン車以上の大型1種免許が必要な大型トラックは、個人宅への宅配ではなく企業の拠点間を結ぶ長距離輸送が中心となります。宅配業者のトラックは、中型免許があれば運転可能な4トン車が中心となりますが、大型トラックに分類される8トン車は個人宅へ横付けしての配送に向いていません。なぜなら、小回りという点で大型トラックは制限が生まれてしまうからです。そこで、物流拠点間を結ぶ長距離輸送のために大型トラックが使われることになり、大型トラックは一人で長距離を運転するため、1人になる時間が長いという傾向があります。孤独に強く長時間勤務を得意としているならば、8トン車以上の長距離輸送を行う大型トラックドライバーが向いています。

手積み手おろしが苦手なら大型トラックが合っている

8トン車以上の大型トラックは、トラック輸送にありがちな手積み手おろしと呼ばれる荷物の人力積み下ろしが少ないです。大型トラックの荷台を荷物で満載するためには、人力で荷物の積み下ろしを行うことは時間ばかりかかってしまい無駄が多いと考えられます。拠点間を結ぶ長距離輸送ならば、パレット単位で積み替えを行うことが一般的だからこそ最初からフォークリフトで荷物の積み下ろしを行うことが多いわけです。実際に大型トラックにウィング車と呼ばれる横開きタイプが多いことは、フォークリフトで横方向から直接パレット単位で積み替えできることを意味しており、筋力に自信がなくても長時間勤務と長距離運転が苦にならなければ大型トラックドライバーとして就業できます。

トラックドライバーの仕事

トラックを運転することが仕事のトラックドライバーですが、その仕事内容はさまざまです。短い距離を運転する仕事もあれば、長距離を何日かかけて運転するような仕事もあります。トラックドライバーの仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

求人数の多い宅配ドライバー

宅配ドライバーは、宅配の荷物の集荷や配達を行う仕事です。集荷や配達先は、会社だけではなく個人宅であることも多いです。ドライバーとしてトラックの運転や荷物の積み下ろしをするのはもちろんですが、集荷・…

運転以外の仕事もする引越し業者のドライバー

引越サービスを展開している会社で働く従業員は、基本的にはトライバーといった職種で採用されます。採用形態としては、引越し業者に就職して専属ドライバーとして働く正社員と、引越しの繁盛期にアシスタントと…

高収入が見込める長距離ドライバー

長距離ドライバーは、数百キロを超える長い移動距離で荷物を運搬するのが仕事です。細かい業務の流れや荷物の種類は勤務先によって異なりますが、日用品や食品などの他、医療品や危険物なども運搬することがあり…