求人数の多い宅配ドライバー

宅配ドライバーとはどういう仕事?

宅配ドライバーは、宅配の荷物の集荷や配達を行う仕事です。集荷や配達先は、会社だけではなく個人宅であることも多いです。ドライバーとしてトラックの運転や荷物の積み下ろしをするのはもちろんですが、集荷・配達先は依頼主にとって「お客様」であることが多いので、失礼のないような「接客」も必要になります。また、一つひとつの荷物はそれほど重くないことが多いですが、大量の荷物を扱うことが少なくありません。日や時間帯によって荷物の量の波も大きく、効率よく作業を行うことが要求されます。 ただ、仕事内容は会社によっても異なります。会社によっては、ドライバーが営業活動もすることもあります。雇用形態や勤務時間、待遇なども、会社によってさまざまです。このため、その会社の業務内容について、きちんと確認しておくことが大切です。

宅配業界は人手不足?

最近はネット通販が普及し、宅配の仕事もたいへん増えています。このため、ドライバーの中でも宅配ドライバーの求人は特に多いです。ただ、人手不足である分、一人のドライバーの扱う荷物がかなり多いことも少なくありません。特に繁忙期には荷物が非常に多く、仕事が長時間にわたることも多いです。また、宅配には「時間帯指定」というシステムがあります。このため特定の時間帯に大量の荷物が集中してしまうこともあり、効率よい仕事が要求されます。

しかし最近は宅配業者も、こうした宅配ドライバーの負担を改善しようというきざしもあります。時間帯指定の区分をドライバーの負担を軽減するよう改善した会社もあります。社会的にも、再配達によるドライバーの負担を減らすため、宅配ボックスの設置を推進するなど、改善の努力も見られます。

トラックドライバーの転職は、大型免許の所有者や実務経験が豊富な人が重宝されやすく、経験が長い人は管理職を目指すことも可能です。