幅広い分野で使われている中型トラック

中型トラックの利便性の高さ

トラックはその大きさによって大きく3ルに区分することができます。それが大型トラックと中型トラック、そして小型トラックとなります。小型トラックは、全長が4.7メートル、全幅が1.7メートル、そして全高が2メートル以下のトラックをいい、中型トラックは全長が6メートルから9メートルで、全幅が2.1メートルから2.4メートル、全高が2.5メートル程度のトラックで、大型トラックは全長が7.9メートルから11.95メートル、全幅が2.1メートルから2.4メートル、全高が3.5メートル程度です。中型トラックは、小型トラックと大型トラックの中間に位置するトラックであり、その両方の利便性を兼ね備えていることが大きな特徴です。そのため、中型トラックは両方の仕事をこなすことができます。

中型トラックの活躍する分野

中型トラックは、大型トラックと小型トラックの両方の仕事をこなすことができます。小型トラックは、小回りが利くことが特徴なので、個人宅への宅配がメインとなり、大型トラックは走行性と居住性が高いことから長距離の運送業務に利用されることが多いです。中型トラックは、小型トラック程小回りは聞きませんが、大型トラックよりもスムーズに動くことができるため、個人向けの宅配から宅配便の集荷業務などを行うことが多いです。また、大型トラック程荷物を積むことはできませんが、安定した走行性能があるので、小型トラックでは間に合わない引越し業務運送業務などに大いに活用されています。小型トラックでも大型トラックでも十分に活躍できない分野で中型トラックは活躍しています。

人手不足に悩まされている運送業界においては、トラック運転手の転職は歓迎されていて、長く働く事ができます。