高収入が見込める長距離ドライバー

長距離ドライバーの主な仕事内容と魅力

長距離ドライバーは、数百キロを超える長い移動距離で荷物を運搬するのが仕事です。細かい業務の流れや荷物の種類は勤務先によって異なりますが、日用品や食品などの他、医療品や危険物なども運搬することがあります。事業所を出てから帰社するまでの間、休憩を取る以外はずっとトラックを運転しているため、基本は1人で働くのが好きな人に向いています。長距離ドライバーは、さまざまな場所に行くのが好きな人にとって魅力的な仕事の一つです。サービスエリアなどの休憩ではご当地グルメを堪能できるうえに、お土産を買うという楽しみもあります。そして、もっとも魅力なのは高収入が見込めるということでしょう。長距離ドライバーの月収は低い場合でも30万円以上が多く、50万円を超える会社も少なくはありません。

長距離ドライバーになるために必要な条件

長距離ドライバーは10トン大型トラックを運転することが多いため、普通自動車運転免許の他に大型自動車運転免許が必要です。勤務先によっては荷物の積み込みを自分で行う必要が出てくることから、フォークリフト免許も求められる場合があります。また、運搬する物に応じた免許も必要になります。例えば、危険物を運搬する場合は危険物取扱者の資格もなければなりません。実際には、自分が働きたい会社でどのような物を扱っているかで必要な資格や条件は変わってきます。大型自動車運転免許以外に何が必要なのか、事前に求人内容を確認しておくといいでしょう。また、勤務先によっては泊まりで業務にあたることもあるため、その場合は家を空けられることも条件といえます。

トラック運転手の求人は、同じ地域でセールスを含めて乗務をするルート配送ドライバーや、全国各地のお得意先を回る長距離ドライバーまで多種多様なものがあります。